専門家としての価値提供【第754号】 - BMWメディア構築アドバイザーによる起業家支援とブランド構築

DRMを学びたいあなたにおススメの一冊
【セールスライティングを学んで事業に生かす】

ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック
ボーナス:「安全、スムーズにあなたのキャリアを変える5ステップ(PDF版)」付

専門家としての価値提供【第754号】

「日刊!BMWメディア通信」は、
メルマガを使った情報発信を体感して
いただけるようにお届けしています。

2015年(H27年)12月14日(月)第754号
----------------------------------------------
BMW(Blog・Mailmagazine・Web)
メディア構築アドバイザー松元です。

ふるさと納税がそろそろピークを
迎えているようですね。

故郷の名産品などを選べるようになっているところも
あるようですので、一度調べてみてはいかがでしょうか?
※参考サイトはこちら

▼さて、
あなたは専門分野をお持ちでしょうか。

仕事をされていると思いますので
その仕事については何らかの専門性が
あると思います。

また、専門性があるから仕事を任されている
ということになると思うのですが、その専門知識は
今の仕事の中で生かすだけで満足してますか?


一度、あなたの専門知識を

「私は○○についての専門家です」


と言ってみてください。


案外これを”すっと”と言える人は
少ないんですね。

それに同じ業界にいると用語や単語が専門用語であっても、
どんなに飛び交っていても通じます。

ですが業界内では常識でも、一歩ほかの業界に行くと
その専門性は有益な情報として姿を変えます。

そこに、新しいビジネスのヒントが
生まれるはずなのですが、めんどうなのか、
案外自分の持っている知識を専門的なものとして
扱っていないですね。


これは社外向けのだけ話ではなくて
社内に於いても同じことが言えます。


例えば、薬剤師の資格を持っている人が、
美容の知識を持っている人と情報交換すると、
お互いに違った視点で考えますし、その結果、
消費者に対して、ユニークなアドバイスが
できるようになるかもしれません。


ほかにも、自分の専門知識を生かすと
どんな価値が提供できるかも考えてみると
いいかもしれません。


「自分の知識なんて、みんな知ってるし、
 役には立たないですよ」

みたいに謙遜する必要は全くなくて
その知識を付加価値として欲しがって
いる人も必ずいます。

そんな人のために、
役に立ってみたいと思われるなら、
自分の知識の価値化ができないか、
ちょっと考えてみませんか?

ではまた明日。

--------------------------------------------------
★BMWメディア構築アドバイザー★
《B:ブログ/M:メールメルマガ/W:ウェブサイト》
情報発信を続けて多くの人に気付きと
きっかけを与えるメールマガジン!
[発行者] 松元茂樹
[署 名] http://matsumoto-biz.com/signature.html

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © BMWメディア構築アドバイザーによる起業家支援とブランド構築 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます